MySQL 5.7 GTID レプリケーション設定メモ

2017年2月8日  カテゴリー:Linux  タグ: ,

MySQLの GTID(グローバルトランザクション識別子)は、各トランザクションに世界で唯一のIDをつける機能です。これまでのレプリケーションでは、複数のスレーブサーバがある構成でスレーブがマスターに昇格した時に、スレーブ間のデータ差異を埋めなければならないという問題がありましたが、GTID を使ったレプリケーションではこの問題を根本的に解決してくれます。そこで今回は、MySQL5.7 で GTID を使ったレプリケーションを設定方法をメモしておきました。

▷続きを読む

Chrome「保護されていない通信」と Firefox「鍵マークの赤斜線」はなにが危険なのか?

2017年2月1日  カテゴリー:WEB  タグ:

2017年1月下旬にアップデートされた「Google Chrome 56(グーグル クローム)」と「Mozilla Firefox 51(モジラ ファイアフォックス)」から、安全な通信をできないWEBサイトのページにパスワードの入力フォームがあると、Chrome はアドレスバーに「保護されていない通信」と表示し、Firefox は「赤斜線の入った鍵マーク」を表示して、安全な通信でないことを警告するようになりました。そこで今回は、この警告表示があるWEBサイトはなにが危険なのかを簡単にまとめてみました。

▷続きを読む

AWS Application Load Balancer の SSL(HTTPSリスナー)設定メモ

2017年1月25日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

AWS Application Load Balancer は、AWS Certificate Manager(ACM)(証明書の発行/管理/自動配置を行うサービス)で取得したSSL/TLSサーバー証明書を使用することで、証明証に関するすべての運用作業を自動化することができます。(しかも証明書の発行費用は無料!)そこで今回は、AWS Certificate Manager で SSL/TLSサーバー証明書を発行し、AWS Application Load Balancer を SSL/TLS(HTTPSリスナー)に設定する方法をメモしておきました。

▷続きを読む

AWS Application Load Balancer のフロントエンド機能が凄すぎる件

2017年1月19日  カテゴリー:WEB  タグ: , , ,

AWSには便利なサービスがたくさんありますが、特に Application Load Balancer は、ロードバランサーとしての機能はもちろん、WEBフロントエンドとしての機能がとても便利でほんと凄すぎます。そこで今回は、Application Load Balancer の特に便利なフロントエンド機能を3つご紹介したいと思います。

▷続きを読む

Zabbix サーバ証明書の有効期限の監視設定メモ

2017年1月11日  カテゴリー:Zabbix  タグ:

Let's Encrypt や AWS Certificate Manager など、ここ数年で SSL/TLSサーバ証明書を無料で自動更新してくれるサービスが登場したこともあり、WEBサイトに HTTPS を導入する機会も増えてきたのではないでしょうか? サーバ証明書を自動更新してくれるのであれば、サーバ証明書の有効期限のチェックも自動化しておきたいものです。そこで今回は、Zabbix で SSL/TLSサーバ証明書の有効期限を監視する設定をメモしておきました。

▷続きを読む

Amazon Inspector で CentOS7 の脆弱性診断をやってみた

2017年1月5日  カテゴリー:WEB  タグ: , , ,

Amazon Inspector は、EC2インタンスの脆弱性診断を簡単に行うことができる、自動化されたセキュリティ評価サービスです。使い方もいたってシンプルで、AWSエージェントをインストールして、診断対象のEC2をタグで指定するだけで、脆弱性診断ができてしまいます。そこで今回は、Amazon Inspector で CentOS7.3 (1611) の脆弱性診断を行ってみましたので、設定手順などをメモしておきました。

▷続きを読む

Apache httpd 2.4.25 + mod_http2 インストールメモ

2016年12月30日  カテゴリー:Linux  タグ: , , ,

つい先日 Apache httpd 2.4系の複数の脆弱性(JVNVU#99304449)に対応した Apache httpd 2.4.25 がリリースされました。このリリースで、HTTP/2 の処理をする mod_http2 のサービス運用妨害の脆弱性(CVE-2016-8740)も対応されたようです。そこで今回は、CentOS7.3 (1611) に Apache 2.4.25 と mod_http2 をインストールする手順をまとめてみました。

▷続きを読む

WordPress メディアのURLを mod_ext_filter で一括変換

2016年12月22日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

WEBサイトへCDNを導入する時に一番大変なのは、画像やCSS、JavaScriptなどの、URLの書き換え作業ではないでしょうか? 特にWordPressで構築したWEBサイトでは、投稿記事以外のURLを書き換えるには、PHPをいじる必要もあるのでなかなか大変です。そこで今回は、Apache HTTPサーバ の mod_ext_filter を使って、画像やCSSなどのURLを一括で書き換える方法と注意点をまとめてみました。

▷続きを読む

Amazon CloudFront + ACM 独自ドメインで HTTPS (SSL) 配信設定メモ

2016年12月17日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

AWS Certificate Manager(ACM)は、AWSの各種サービスで利用する SSL/TLSサーバー証明書の発行/管理/配置を自動で行ってくれるサービスです。Amazon CloudFront(CDNサービス) や Elastic Load Balancing(ロードバランサー)で使う、SSL/TLSサーバー証明書なら、なんと!無料で取得することができます。しかも、証明書の更新作業も AWS Certificate Manager が自動でやってくれます。そこで今回は、この仕組みを利用して、Amazon CloudFront を独自ドメインで HTTPS (SSL/TLS) 配信に設定する方法をメモしておきました。

▷続きを読む

CentOS 7.3 (1611) LAMPサーバインストールメモ【Apache2.4+MySQL5.7+PHP7.1】

2016年12月13日  カテゴリー:Linux  タグ: , ,

2016年12月12日 CentOS7.3 (1611) がリリースされました。RHEL 7.3 (11/3)から約40日でのリリースになります。前バージョンCentOS7.2(1511)のリリースからは約1年ぶりのバージョンアップです。最近ちらほら CentOS7 を使っているプロジェクトを見かけるようになりました、CentOS6 の完全更新期限が、2017年前半を予定しているので、そろそろ CentOS7 に移行したいところですね。さっそく、CentOS7.3 で LAMP構成をインストールする手順をメモしておきました。

▷続きを読む