Google」タグアーカイブ

全自動でWebサイトを分析!Google Analytics の AI(人口知能)アシスタント機能を使ってみた

2016年9月29日  カテゴリー:WEB  タグ:

つい先日、Google Analytics(グーグルアナリティクス)に、AI(人口知能)が Webサイトを分析してくれる「Assistant(アシスタント)」という機能が追加されました。私も Google Analytics を使ってはいますが、せいぜいページビュー数を見るくらいで、まったく活用できていません、、、

しかし、この「Assistant」機能を使えば、自動で Webサイトを分析してくれるうえに、改善するためのアドバイスまでしてくれます。分析スキルゼロの私としてはこれを活用しない手はありません。さっそく、Google Analytics の AI(人口知能)アシスタント機能を使ってみました。

▷続きを読む

CDN各社のHTTP/2対応状況(AWS Azure GCP Akamai CloudFlare)

2016年9月9日  カテゴリー:WEB  タグ: , , , ,

先日(2016年9月7日)AWS(アマゾン ウェブ サービス)のCDNサービス Amazon CloudFront が HTTP/2 に対応したそうです。CloudFront は、現在日本でのCDNシェアの約25%を占めていますので、WEBサイトの HTTP/2 化がますます加速しそうです。そこで今回は、大手CDNサービス各社の HTTP/2 対応状況を調べてみました。

▷続きを読む

Google Compute Engine から SendGrid 経由でメール送信

2016年8月24日  カテゴリー:WEB  タグ: , , , ,

Google Compute Engine は、メールの送信に使う 25/465/587ポートの宛への通信が禁止されているため、PostfixなどMTAを設定しただけでは、メール送信をすることができません。対応方法は色々あるようですが Google Compute Engine からメールを送信するには、SendGrid など外部のメール配信サービスを利用するのが手軽なようです。そこで今回は、SendGrid を使って Google Compute Engine からメールを送信する方法をまとめてみました。

▷続きを読む

Cloud Vision API で「笑いながら怒る人」を感情分析してみた

2016年8月17日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

Cloud Vision API は、画像の内容を解析してくれる Googleのクラウドサービスです。物体、構造物、ロゴ、有害コンテンツ、文字(OCR)など色々な検知機能があります。特に顔検知機能では、人の顔を検知するのはもちろん、喜び、悲しみ、怒り、驚き、といった表情も解析できるそうです。そこで今回は、Google Cloud Vision API の使い方を学びつつ、竹中直人の名人芸「笑いながら怒る人」を感情分析してみました。

▷続きを読む

簡単!Google Cloud Platform で HTTP/2対応サイトを作る

2016年6月15日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

HTTP/2 対応のWEBサーバを構築するには、ライブラリの依存関係を考慮してミドルウェアをインストールしたり、時にはソースからコンパイルしたりと、なかなかの手間がかかります。しかし Google Cloud Platform の Google Cloud Load Balancing を使うと、HTTP/2対応のWEB環境を簡単に構築することが出来ます。そこで今回は、 Google Cloud Load Balancing を使って、HTTP/2対応サイトを作る手順をまとめてみました。

▷続きを読む

世界最速 Google Cloud CDN の設定メモ

2016年4月27日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

Google が提供するIaaS型クラウドサービス Google Cloud Platform のサービスの1つ Cloud CDN は、こちらの記事によると世界最速らしいです。早速試してみたのですが、Cloud CDN は、HTTP(S)ロードバランサの1機能として提供されるため、他のCNDサービスと設定方法が大きく異なります。そこで今回は、Google Cloud CDN の設定方法をメモしておきました。

▷続きを読む

Gmail 非暗号化接続メールの警告表示をされないようにする方法

2016年2月14日  カテゴリー:WEB  タグ: , , ,

2016年2月9日、Google のメールサービス「Gmail」が、SSL/TLS暗号化に対応していないメールサーバと、メールを送受信した際に「開いた赤い錠」のアイコンを表示して、セキュリティ警告を表示するようなりました。自分が管理しているメールサーバで、この警告が表示されてしまうと、ちょっと困りますね。そこで今回は、Postfixで非暗号化接続メールの警告表示をされないようにする方法をまとめてみました。

▷続きを読む

WordPress スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する(Autoptimize)

2015年4月19日  カテゴリー:WEB WordPress  タグ: , ,

WEBページのパフォーマンス測定ツール Google PageSpeed Insights でページを分析すると、ほぼ必ず「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしている JavaScript/CSS を排除する」の改善方法が提案されます。これに対応するには JavaScript と CSS を最適化することが必要です。そこで今回は、WordPress の「Autoptimize」プラグインを使い、JavaScript と CSS を最適化してみました。

▷続きを読む

Google PageSpeed スコアを改善する方法(画像圧縮 OptiPNG)

2015年4月8日  カテゴリー:WEB  タグ: ,

Google が提供している、ページのパフォーマンスを測定ツール PageSpeed Insights は、WEBページの読込み時間などを計測して、スコア付けや、改善方法を提案してくれるサービスです。試しに自分のブログ記事を測定してみたところ、かなり残念なスコアでした。(^^;) 画像圧縮を全く使っていなかったのが一番の原因のようです。そこで、Googleさんおすすめの OptiPNG コマンドを使って、記事内の画像を圧縮し、スコアを改善してみました。

▷続きを読む

格安SSL証明書でサイトを完全HTTPSに移行【WordPress+RapidSSL】

2014年10月3日  カテゴリー:WEB WordPress  タグ: , , ,

このサイトでは、Wordpressの管理画面のみ自己署名証明書を使ってHTTPS化していましたが、通常のページに張り込んでいる画像のリンクURLが「https://〜」になってしまったり、 自己署名証明書を使っているため、AWSのS3へのデータバックアップの手動実行ができなかったりと、 色々不都合がありました。また、以前記事に書いたのですが、Googleの検索結果のURLがhttpsになってしまうこともありました。

最近では、正式なSSL証明書でも安いところでは1,000円/年くらいで導入できるようですので、いっそのこと完全HTTPSに移行することにしました。

▷続きを読む