AlmaLinux と Rocky Linux の比較メモ(2021年9月版)

Linux
Linux
スポンサーリンク

CentOS Linux 8 のサポートが2021年末に終了することを受けて、CentOS の代わりとなる「AlmaLinux(アルマリナックス)」と「Rocky Linux (ロッキーリナックス)」という2つの新しい Linux ディストリビューションが開発されました。どちらも CentOS Linux と同じく RHEL(Red Hat Enterprise Linux)の完全クローンのため CentOS とまったく同じように使えることが魅力です。しかし CentOS の乗り換え先を AlmaLinux にするか Rocky Linux にするか、迷うところではないでしょうか? そこで今回は、2021年9月現在の AlmaLinux と Rocky Linux の状況を調べてみました。

AlmaLinux と Rocky Linux の比較

2021年9月15日現在の AlmaLinux と Rocky Linux の状況です。

開発コミュニティやメインスポンサーは違いますが、AlmaLinux と Rocky Linux どちらも安定性の重視を方針とし2029年までサポートされます。

名称AlmaLinux(アルマリナックス)Rocky Linux(ロッキーリナックス)
URLhttps://almalinux.org/https://rockylinux.org/
名前の由来Almaはスペイン語や他のラテン語で魂を意味します。 振り返ってみると、情熱的で多様な開発者コミュニティの努力のおかげで、Linuxが人気があり普及していることは容易に理解できます。 このコミュニティはLinuxの精神であり、Linuxディストリビューションに依存するすべての人は、Linuxコミュニティの努力に感謝しています。 そのため、新しいディストリビューションを「AlmaLinux OS」と名付けました。(引用元:https://almalinux.org/ より機械翻訳)Rocky Linux の開発は、CentOSプロジェクトの創設者であるグレゴリー・クルツァー氏が率いており、初期のCentOSプロジェクトの共同創設者である RockyMcGaugh氏へのH/T(おそらく敬意の意味)から「Rocky Linux」と名付けられた。(参考資料:https://wiki.rockylinux.org/)
方針AlmaLinux はオープンソースであり、コミュニティによって管理および推進されている、永久に無料のエンタープライズLinuxディストリビューションであり、長期的な安定性と堅牢な製品グレードのプラットフォームに重点を置いています。(引用元:https://wiki.almalinux.org/ より機械翻訳)コミュニティがコミュニティのために開発した、本番環境の堅実で安定した透過的な代替手段。(引用元:https://wiki.rockylinux.org/ より機械翻訳)
RHELとの互換性1:1バイナリ互換フォークバグをも含めて 100% の互換性
開発コミュニティThe AlmaLinux OS FoundationRocky Enterprise Software Foundation
メインスポンサーCloudLinux IncCIQ(グレゴリー・クルツァー氏の会社)
その他のスポンサーAWS、Microsoft Azure、arm、EQUINIXなどAWS、Microsoft Azure、arm、Google Cloudなど
サポート期間最短でも2029年まで2029年5月31日までを予定
8.4のリリース日2021-05-26(遅延8日)2021-06-21(遅延34日)
対応しているアーキテクチャx86_64、ARM64x86_64、ARM64
CentOS Linux 8からの移行ツール有り有り
利用料金無料無料
有料サポート有り(TuxCare by CloudLinux Inc)有り(CIQ)
その他の活動ペンギン財団への寄付

クラウドサービスなどの対応状況

続いて、2021年9月15日現在のクラウド大手3社と国産クラウド/VPSにおける AlmaLinux と Rocky Linux の対応状況です。

Rocky Linux はリリースが少し遅れたため、対応していないクラウド/VPSもありますが、これは時間の問題かと思います。各クラウドベンダの最新情報をご確認ください。

 AlmaLinuxRocky Linux
AWS(EC2)
Microsoft Azure(VM)△*1
Google Cloud(Compute Engine)△*2
さくらのクラウド
IIJ GIOインフラストラクチャーP2×
さくらのVPS×
ConoHa VPS
KAGOYA CLOUD VPS×

*1 現時点で Microsoft Azure からの Rocky Linux の提供はサードパーティからの提供のみため利用は有料になります。

*2 現時点で Google Cloud で提供されている AlmaLinux イメージはコミュニティ(The AlmaLinux OS Foundation)でサポートされ、Compute Engine では直接サポートされません。(参考資料:コミュニティでサポートされるイメージ | Compute Engine ドキュメント

どちらを選べばいいの?

AlmaLinux と Rocky Linux は両方とも素晴らしい Linux ディストリビューションです。現時点ではどちらを選んでもまったく問題ありません。

実際に CentOS Linux 8 で稼働している本番環境(とはいってもこのブログサイトですが)を AlmaLinux で構築した LAMP環境、Rocky Linux で構築した LAMP環境にそれぞれ移行してみましたが、「1:1バイナリ互換フォーク(コンパイル済のプログラムをそのまま移行して実行できるレベルの互換性)」「バグをも含めて 100% の互換性」とはよく言ったもので、問題なく動作しています。

関連記事:
AlmaLinux 8.4 LAMPサーバインストールメモ【Apache2.4+MySQL8.0+PHP7.4】
Rocky Linux 8.4 LAMPサーバインストールメモ【Apache2.4+MySQL8.0+PHP7.4】

もう少し様子を見たいのであれば、2022年にリリースが予定されているRHEL9への対応を見てから決めるのがよいかと思います。

おわりに

現在のようにデジタル化が進んだ社会においてオープンソースである Linux は、生活に欠かすことのできない共有財産です。もし AlmaLinux や Rocky Linux など無料の Linux ディストリビューションを利用するのであれば、どのような形でも構わないので開発コミュニティへの参加や支援することをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました