CentOS」タグアーカイブ

Zabbixの監視データとCentOS7の freeコマンドの値が一致しない件

2017年11月18日  カテゴリー:Zabbix  タグ:

Zabbix で監視しているメモリの buffers + cached の値と、CentOS7 の freeコマンドの buff/cache(バッファとキャッシュの合計)の値がどうもズレてるな〜 とここ最近思っていたのですが、ついつい調査を後回しにしていました。このままだと年を越してしまいそうです(^^;) そこで今回は、Zabbixの監視データとCentOS7の freeコマンドの値が一致しない原因を調べて見ました。

▷続きを読む

WebP 対応ブラウザ と 変換用コマンドのインストールメモ

2017年11月15日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

Google が開発する WebP(「うぇっぴー(weppy)」と読みます)は、ウェブサイトのトラフィック軽減とパフォーマンス向上を目的とした、画像ファイルフォーマットです。可逆圧縮と非可逆圧縮のどちらもにも対応し、PNG画像と比べて26%、JPEG画像と比べて25〜34%もファイル容量を小さくできるとされています。そこで今回は、WebP 対応ブラウザを調べてみたついでに、変換用コマンド「cwebp」と「dwebp」のインストール方法と使い方をメモしておきました。

▷続きを読む

5分でわかる!プライベート認証局(CA)の構築とサーバー証明書の発行方法

2017年11月8日  カテゴリー:Linux  タグ: ,

プライベート認証局(「プライベートCA」や「オレオレ認証局」とも呼ばれます)は、会社など限られた組織内でのみ運用する認証局です。WEBブラウザにプライベート認証局のルート証明書をインストールする手間がありますが、自由に証明書を発行できるというメリットがあります。そこで今回は、CentOS7.4にプライベート認証局を構築してサーバー証明書を発行する手順をまとめてみました。

▷続きを読む

Apache httpd 2.4.29 + HTTP/2 + Brotli インストールメモ

2017年10月31日  カテゴリー:Linux  タグ: , , ,

2017年10月23日 Apache httpd2.4.29 がリリースされました。バージョン2.4.28のリリースからわずか18日でのリリースになります。ここ最近 Apache httpd 2.4系は、新機能の追加や脆弱性への対応を積極的に行なっているため(利用者にとってはありがたいことです)アップデート情報から目がはなせませんね。さっそく、CentOS7.4 (1708) に HTTP/2 と Brotli に対応した Apache httpd 2.4.29 をインストールする手順をまとめてみました。

▷続きを読む

HTTP/2 に対応した Apache を yum でインストール

2017年10月22日  カテゴリー:Linux  タグ: , , ,

これまで HTTP/2 に対応した Apache httpd をインストールするには、関連するライブラリを含めソースからコンパイルしなければならないため、なかなかの手間がかかっていました。しかし CentOS7.4 (1708) から OpenSSL1.0.2 がサポートされたことにより、CentOSコミュニティ承認済みの IUSリポジトリから yum で簡単にインストールできるようになりました。そこで今回は、IUSリポジトリを使って HTTP/2 に対応した Apache httpd をインストールする手順をまとめてみました。

▷続きを読む

CentOS 7.4 で手軽になった HTTP/2 対応 Apache のインストールメモ

2017年9月21日  カテゴリー:Linux  タグ: , , ,

CentOS 7.4(1708)から、OpenSSL 1.0.2 が導入され ALPN がサポートされました。これまでは HTTP/2(mod_http2)に対応した Apache httpd をインストールするには、OpenSSL や HTTP/2 関連ライブラリなどを自前でソースからビルドしなければなりませんでしたが、ALPN がサポートされたことにより、これらを yum からインストールできるようになりました。そこで今回は、CentOS 7.4(1708)で、HTTP/2(mod_http2)に対応した Apache httpd 2.4 をインストールする手順をまとめてみました。

▷続きを読む

CentOS 7.4 (1708) LAMPサーバインストールメモ【Apache2.4+MySQL5.7+PHP7.1】

2017年9月15日  カテゴリー:Linux  タグ: , ,

2017年9月13日 CentOS7.4 (1708) がリリースされました。RHEL7.4のリリースから約40日でのリリースになります。前バージョンCentOS7.3(1611)のリリースからは9ヶ月ぶりのバージョンアップです。今回のバージョンアップの目玉はなんといっても OpenSSL 1.0.2 の導入です。これにより ALPN がサポートされましたので WEBサーバーの HTTP/2 対応がやりやすくなりました。また、SSH1.0 や SSL2.0 など古い暗号アルゴリズムやプロトコルが廃止されセキュリティが強化されています。さっそく、CentOS7.4 で LAMP構成をインストールする手順をメモしておきました。

▷続きを読む

FastCGI PHP の設定方法 と mod_php とのパフォーマンスの比較(Apache httpd)

2017年9月14日  カテゴリー:Linux  タグ: , ,

FastCGIとは、CGIプロセスの起動と終了にかかる手間を減らすことにより、プログラムをCGIで高速に動作させるとともに、サーバーへの負荷も少なくすることができる仕組みです。Apache httpd での FastCGI の実装 mod_fcgid により PHP を動作させると、mod_php と同じようなパフォーマンスで PHP を実行できるそうです。そこで今回は、mod_fcgid を使って FastCGI PHP を設定し、mod_php とのパフォーマンスを比較してみました。

▷続きを読む

Zabbix 3.4 を yumでインストール(CentOS 7)

2017年8月22日  カテゴリー:Zabbix  タグ:

2017年8月22日、Zabbix3.4がリリースされました。前バージョン3.2のリリースから約1年ぶりのバージョンアップです。Zabbix 3.4 では、再設計されたダッシュボード、プロキシによるリモートコマンドのサポート、アラートの並列処理など、使いやすさと柔軟性を考慮した機能がさらに強化されています。さっそく、Zabbix3.4 を CentOS7.3 (1611) にインストールしてみました。

▷続きを読む

WordPressファイルを管理画面とSFTP両方で編集するための権限設定

2017年8月16日  カテゴリー:Linux WEB  タグ: ,

WordPress の構成ファイルを管理画面から編集したり、複数のユーザーがSFTPなどでファイルやディレクトリをアップロードしていると「変更を保存するには事前にこのファイルを書き込み可能にする必要があります」や「アップロードに失敗しました Permission denied. Please contact your web hosting service provider for assistance.」などのエラーが発生することがよくあります。そこで今回は、管理画面や複数のユーザーで WordPress の構成ファイルを編集しても、これらのエラーが発生しない権限の設定方法をまとめてみました。

▷続きを読む