Zabbix」カテゴリーアーカイブ

Zabbix サーバ証明書の有効期限の監視設定メモ

2017年1月11日  カテゴリー:Zabbix  タグ:

Let's Encrypt や AWS Certificate Manager など、ここ数年で SSL/TLSサーバ証明書を無料で自動更新してくれるサービスが登場したこともあり、WEBサイトに HTTPS を導入する機会も増えてきたのではないでしょうか? サーバ証明書を自動更新してくれるのであれば、サーバ証明書の有効期限のチェックも自動化しておきたいものです。そこで今回は、Zabbix で SSL/TLSサーバ証明書の有効期限を監視する設定をメモしておきました。

▷続きを読む

Zabbix から「LINE Notify」にアラート通知する方法

2016年10月8日  カテゴリー:Zabbix  タグ:

LINE Notify(ラインノーティファイ)は、Webサービスからの通知をLINEで受信できるサービスです。対応しているWebサービスでなくても、Zabbix や 自分のWebサービスから LINE Notify で通知を送信することができます。LINE Notify の使い方は本当にシンプルで、アクセストークンを取得して API をたたくだけ!そこで今回は、Zabbix から LINE Notify にアラート通知する設定手順をご紹介いたします。

▷続きを読む

Zabbix 3.2 を yumでインストール(CentOS 7.2)

2016年9月16日  カテゴリー:Zabbix  タグ:

2016年9月14日、Zabbix3.2がリリースされました。Zabbixリリーススケジュールプログラムの予定通り、前バージョンのリリースからおよそ半年でのリリースになります。Zabbix 3.2 では、イベントタグの導入、イベントの手動クローズ、障害復旧の条件式の追加など、障害対応に関する機能が強化されています。さっそく、Zabbix3.2 を CentOS7.2 (1511) にインストールしてみました。

▷続きを読む

Zabbix クラウド時代のディスクI/O性能監視(sar -d)

2016年3月13日  カテゴリー:Zabbix  タグ:

クラウド型仮想サーバで多く発生するトラブルとして、ディスクI/O性能の低下があります。物理サーバでは、ディスク障害や I/Oリクエストの増加により、I/O性能が低下することがありますが、クラウド型仮想サーバでは、 I/Oリクエスト数は変わっていないのに、ディスクI/O性能だけが低下することがあります。この性能低下の原因は、他の仮想サーバの巨大なI/O負荷や、クラウド事業者によるI/Oリクエスト制限によるものです。そこで今回は、これらの点に注意して Zabbix でディスクI/O性能を監視する設定を考えてみました。

▷続きを読む

Zabbix 3.0 通信の暗号化設定(RSA証明書ベースの暗号化)

2016年2月23日  カテゴリー:Zabbix  タグ: ,

Zabbix3.0 では、Zabbixモジュール間(Zabbixサーバー、Zabbixプロキシ、Zabbixエージェント)で行われる通信を暗号化できるようになりました。これまでは、インターネットを通じてサーバを監視する場合は、別途VPNやSSHトンネリングを使って、通信を暗号化する(又はあきらめる(^^;))必要がありましたが、Zabbix3.0には、証明書や事前共有鍵を使った、通信の暗号化機能が追加されています。そこで今回は、RSA証明書ベースの暗号化を試してみました。

▷続きを読む

Zabbix 3.0 を yumでインストール(CentOS 7.2)

2016年2月18日  カテゴリー:Zabbix  タグ:

2016年2月16日、Zabbix3.0がリリースされました。約1年半ぶりのバージョンアップになりますね。今回のバージョンアップでは、WEBインターフェースデザインの一新、通信の暗号化、予測検知機能など、100以上の改善が行われています。さっそく、Zabbix 3.0 を CentOS7.2 (1511) にインストールしてみました。

▷続きを読む

Zabbix MySQLスレーブサーバ(レプリケーション)の監視設定メモ

2015年9月13日  カテゴリー:Zabbix  タグ:

MySQLを、マスター/スレーブ構成で運用している時に、監視しておきたいのが、レプリケーションが正常に動作していることです。マスターサーバになにか障害が発生した場合は、即座にサービスに影響が出るため、すぐ気が付けますが、スレーブサーバでレプリケーションが停止していたり、遅延が発生していることは、なかなか気が付けないことが多く、データ不整合が発覚して、はじめて気づくこともあります。そこで今回は、Zabbix で MySQLのレプリケーション状態を監視する方法をご紹介したいと思います。

▷続きを読む

PHP 5分でわかる! Zabbix API の使い方(ホスト一覧の取得)

2015年8月7日  カテゴリー:Zabbix  タグ: ,

Zabbix API を使うと、プログラムやコマンドラインから、ホストを追加したり、監視データを取得することが出来ます。自動化ツールの Chef 等と組み合わせれば、サーバの監視設定までもを自動化することが可能です。API と聞くと少し難解なイメージがありますが、Zabbix API は JSON-RPC 2.0 のシンプルな仕様に準拠しているため、比較的簡単に使えるようです。そこで今回は、PHP から Zabbix API の基本的な使い方をご紹介します。

▷続きを読む

Zabbix 2.4 を yumでインストール(Zabbix2.4.5 + CentOS7.1.1503)

2015年5月8日  カテゴリー:Zabbix  タグ: , ,

Zabbixサーバを、CentOS 7.1 (1503) にインストールした時のメモです。サクッと終わるかと思いきや、Zabbixサーバを起動しようとすると「Job for zabbix-server.service failed. See 'systemctl status zabbix-server.service' and 'journalctl -xn' for details.」のエラーが表示されて、起動ができません、、(^^;) 調べてみると GnuTLS のコンパイルオプションに「--without-tpm」を加えて、リビルドする必要があるようです。今回はそちらの手順も合わせてメモしておきました。

▷続きを読む

Zabbix 2.4 SNMPトラップの監視設定メモ(SNMPTT)

2015年3月12日  カテゴリー:Zabbix  タグ: ,

SNMPトラップを受信して Zabbix から監視をするための設定メモです。Zabbix の公式マニュアルでも推奨している SNMPTT(snmptthandler-embedded)を使って設定してみました。トラップを受信する snmptrapd 、トラップの書式を整える SNMPTT など登場人物が多いため設定がやや複雑ではありますが、できるだけ分かりやすくを心がけてまとめてみました。

▷続きを読む