Zabbix 4.0 インストールメモ(CentOS7 + MySQL 8.0)

Zabbix 4.0 インストールメモ(CentOS7 + MySQL 8.0)
あぱーブログ
2018年10月2日  カテゴリー:Zabbix  タグ:
Pocket
LINEで送る

2018年10月1日、Zabbix4.0がリリース されました。前バージョン3.4のリリースから約1年ぶりのバージョンアップです。Zabbix4.0 は、長期サポート(LTS)リリースのためサポート期間が5年と長いのが特徴です。また Zabbix4.0 では、監視アイテムの手動実行ができるようになりました! そこで今回は、CentOS7.5(1804)+ MySQL 8.0 に Zabbix 4.0 をインストールする手順をまとめてみました。

Zabbix 4.0 は長期サポート(LTS)リリース

冒頭にも書きましたが、Zabbix 4.0 は、LTS(Long Term Support)と呼ばれる長期サポートリリースです。前回の Zabbix 3.0 LTSリリースからは約2年半ぶりのバージョンアップになります。

Zabbix 2.2 LTS のサポートが来年2019年8月で終了しますので、Zabbix 2.2 を使っている方はそろそろ Zabbix 4.0 LTS への移行を検討するのがよさそうですね。

参考資料:Zabbix サポート期間とリリースポリシー | Zabbixオフィシャル日本語サイト

Zabbix 4.0 の新機能

Zabbix 4.0 ではたくさんの新機能が追加されています。個人的に特に注目した Zabbix 4.0 の新機能は次の3つです。

参考資料:5 What's new in Zabbix 4.0.0(Zabbix 4.0 の新機能)

監視アイテムの手動実行機能

なんといっても注目なのは、監視アイテムの手動実行機能です(Retrieve metrics immediately)この手動実行機能はローレベルディスカバリルールでも使えます。ちょっと地味な機能ですが、長年この機能を待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか? 個人的にはこれだけでも Zabbix 4.0 を使う価値があると思います。

たとえば OS情報の取得アイテム(system.uname)は、値が頻繁に変わるものではないので更新間隔を1時間などに設定するのですが、動作を確認するのに1時間近く待たなければなりません。そのため待ってる間に他の作業をしてしまい、動作確認を忘れてしまうこともしばしばありました(^^;)

Zabbix 4.0 なら「監視データ取得(Check now)」ボタンを押せば、即座に値を取得してくれますので、動作確認がかなり楽になりますね!

「監視データを取得」ボタン

アイテムタイプ「HTTPエージェント」の追加

新しく追加された「HTTPエージェント」では HTTP もしくは HTTPS で接続できる API から取得したデータを保存できます。リクエストを投げることもできるので、監視以外にも色々な用途で使えそうですね。

MySQL 8.0 のサポート

MySQL 8.0 では「groups」や「function」が予約語として追加されたため、この予約語を使う Zabbix3系では MySQL 8.0 が利用できませんでした。Zabbix 4.0 ではそれが解消され MySQL 8.0 が使えるようになっています。

参考資料:"groups" (8.0.2) and "function" (8.0.1) are reserved words since MySQL 8.0

下準備

下準備として MySQL 8.0 と PHP 7.2 をインストールできるように各種リポジトリを追加しておきます。

EPELリポジトリのインストール

yum -y install epel-release
yum -y update

Remiリポジトリのインストール

rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

MySQLリポジトリのインストール

rpm -ivh https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-1.noarch.rpm

・Remi PHP7.2 リポジトリの有効化
vim /etc/yum.repos.d/remi.repo

[remi]
(略)
enabled=0
 ↓
enabled=1

vim /etc/yum.repos.d/remi-php72.repo

[remi-php72]
(略)
enabled=0
 ↓
enabled=1

SELinux無効設定

・下記を変更
vim /etc/sysconfig/selinux

SELINUX=enforcing
 ↓
SELINUX=disabled

OSを再起動します

shutdown -r now

MySQL 8.0 のインストールと設定

MySQL 8.0 のインストール

yum -y install mysql-community-devel
yum -y install mysql-community-server

・デフォルトの認証プラグインを変更します。(まだ caching_sha2_password には対応していないようです)
vim /etc/my.cnf

#default-authentication-plugin=mysql_native_password
 ↓
default-authentication-plugin=mysql_native_password

MySQLの起動と自動起動設定

systemctl start mysqld
systemctl enable mysqld

mysql_secure_installation の実行

・root ユーザーの初期パスワードの確認(初期パスワードはそのまま使うことはできませんので変更が必要です)
grep password /var/log/mysqld.log

2018-10-01T13:21:19.946451Z 5 [Note] [MY-010454] [Server] A temporary password is generated for root@localhost: <初期パスワード>

この後に設定する root ユーザーの新しいパスワードは、8文字以上で英数大文字小文字と記号が含まれていないとポリシー違反で弾かれてしまいますので注意です。
参考資料:6.5.3.2 Password Validation Options and Variables | MySQL 8.0 Reference Manual

mysql_secure_installation コマンドに「--use-default」オプションを付けてを実行します。root ユーザーのパスワード変更や、不要なユーザーやDBを削除してくれます。

mysql_secure_installation --use-default
 
(略)
Enter password for user root: <初期パスワード>
 
The existing password for the user account root has expired. Please set a new password.
 
New password: <新しいパスワード>
 
Re-enter new password: <新しいパスワード>
(略)

Zabbix 4.0 のインストール

Zabbix 4.0 の yum リポジトリの登録

rpm -ivh https://repo.zabbix.com/zabbix/4.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-4.0-1.el7.noarch.rpm

インストール(2018年10月1日時点のバージョンは 4.0.0-2)

yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
yum -y install zabbix-agent
yum -y install zabbix-get

Zabbix データベースとユーザーの作成

MySQLに、Zabbix用のデータベース(zabbix)とユーザー(zabbix)を作成します。

mysql -u root -p
 
CREATE DATABASE zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
 
CREATE USER zabbix@localhost IDENTIFIED BY '<パスワード>';
GRANT ALL ON zabbix.* TO zabbix@localhost;
quit;

Zabbix 用のデータベーススキーマとデータをインポート(バージョンが変わるとディレクトリ名の青字の部分も変わります。インストールしたバージョンにあわせて指定してください)

cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-4.0.0/
zcat create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix

Zabbix サーバーの設定と起動

Zabbix サーバーの設定ファイルに、先ほど作成したMySQLのユーザー(zabbix)のパスワードを入力します。
vim /etc/zabbix/zabbix_server.conf

# DBPassword=

DBPassword=<パスワード>

・Zabbix 用の Apache httpd 設定を変更します。
vim /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

<IfModule mod_php5.c>
 ↓
<IfModule mod_php7.c>
 
# php_value date.timezone Europe/Riga
 ↓
php_value date.timezone Asia/Tokyo

Zabbix サーバーの起動と自動起動設定

systemctl start zabbix-server
systemctl enable zabbix-server

Apache httpd の起動と自動起動設定

systemctl start httpd
systemctl enable httpd

また、動作確認用に Zabbix エージェントも起動しておきます。

systemctl start zabbix-agent
systemctl enable zabbix-agent

Zabbix エージェントの動作確認(Zabbixのバージョンが表示されればOKです)

zabbix_get -s 127.0.0.1 -k agent.version
4.0.0

firewalld設定

HTTP(80/tcp) と HTTPS(443/tcp) を開けておきます。

firewall-cmd --add-port=80/tcp --permanent
firewall-cmd --add-port=443/tcp --permanent
firewall-cmd --reload

・確認
firewall-cmd --list-all

public (default, active)
interfaces: enp0s3 enp0s8
sources:
services: dhcpv6-client ssh
ports: 443/tcp 80/tcp ←この表示があればOK
(略)

Zabbix の初期設定

ブラウザで下記URLを開き、初期設定を開始します(IPアドレスはご自分の環境に読替えてください)
http://<IPアドレス>/zabbix/

「Next step」をクリックします。

Zabbix初期設定のトップ画面

すべて「OK」であれば「Next step」をクリックします。

Zabbixのシステム要件チェック画面

「Password」欄に、MySQLのユーザー(zabbix)のパスワードを入力し「Next step」をクリックします。

データベースの接続設定画面

そのまま「Next step」をクリックします。

Zabbixサーバーの詳細設定画面

設定した内容の最終確認です。間違えがなければ「Next step」をクリックします。

初期設定内容の確認画面

「Finish」をクリックすれば、初期設定完了です。

初期設定の完了画面

ユーザーパスワードと言語の変更

初期設定が終了すると、Zabbixのログイン画面が表示されますので、初期ユーザーでログインします
Username:Admin
Password:zabbix

Zabbixのログイン画面

[Administration]→[Users] をクリックします。

Zabbix管理画面のメニュー

Alias列の「Admin」をクリックします。

Users設定画面 Adminユーザーをクリック

Userタブを選択し、「Change password」をクリックします。

Adminユーザー情報の設定画面

パスワードの入力欄が表示されますので、パスワードを入力し、
「Language」を「Japanese(ja_JP)」に変更したら「Update」をクリックします

Adminユーザーのパスワードを入力 使用言語の変更

一度ブラウザをリロードすると日本語表示になります

日本語表示になったZabbix管理画面

初期状態でZabbixサーバー自身のホストが登録されていますので、しばらくしてから [監視データ]→[概要] で、グループ「Zabbix Servers」タイプ「データ」を選択すると、Zabbixサーバーの監視データを閲覧することができます。

監視データの表示画面

おわりに

個人的に使ってるZabbixはバージョン2.4なので、そろそろ Zabbix 4.0 への移行を検討したいと思います。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です