iPhoneでスクリーンショットが撮れない時はプロファイルを疑え!

その他
スポンサーリンク

つい最近 iPhone のスクリーンショットが撮れなくなってしまい、iPhone を再起動したり、Assistive Touch 機能でスクリーンショットを撮ってみたのですが、まったくできなくなってしまいました。しかもなぜかペアリングしている AppleWatch のスクリーンショットまでも撮れません、、あきらめかけていたのですが、ふとしたことから原因がわかり解決しました。かなり珍しいケースだと思いますが、せっかくなので記事にしてみました。

一般的な対処法

iPhone でスクリーンショットが撮れないことは稀にあるようで、一般的には下記の対処法で解決するようです。おそらくですが物理ボタンが効きにくくなっていることが原因かと思います。

  • iPhone を再起動する
  • Assistive Touch 機能でスクリーンショットを撮る

しかし iPhone を再起動しても、 Assistive Touch 機能(「設定」→「一般」→「アクセスビリティ」→「Assistive Touch」で「オン」にできます)で「スクリーンショット」をタップしてもうんともすんともいいません(^^;)

Assistive Touch の表示
Assistive Touch の表示

原因は FinalCode の「プロファイル」

なんと原因は、暗号化したファイルを閲覧するためのアプリ「FinalCode Reader for iOS」が、設定したプロファイルにありました。

(スクリーンショットが撮れないのでデジカメで撮りました。きたなくてすみません)
FinalCode Reader for iOS が作成したプロファイル

どういうことかというと、FinalCode(ファイナルコード)というファイル暗号化ソフトをテストしていた時に、検証のためこの「FinalCode Reader for iOS」アプリをインストールしたのですが、このアプリが情報漏えい防止のため iPhone のスクリーンショット機能を制限することをすっかり忘れていました、、、しかもこのプロファイルで AppleWatch のスクリーンショットまでもが機能制限されます。

機能制限の内容

対処法は、開発元のQ&Aにしっかり書いてありました。プロファイルを削除するとアプリが使えないようになっているそうです。完璧な仕様ですね。

FinalCode Reader for iOS のインストール後は、スクリーンショットからの情報漏えいを防ぐためスクリーンショットの利用を制限しております。
なお、iOSの制約上、FinalCodeアプリ起動時以外でも一律スクリーンショットが制限されます。
制限を解除するためには、以下の操作でFinalCode Readerのプロファイルの削除をお願いします。

[設定]→[一般]→[プロファイル]→[FinalCode Reader]→[プロファイルを削除]

FinalCode Readerを使用する際は、再度プロファイルのインストールを促され、インストールしない限りFinalCodeのファイルは開けない仕様となっております。

「FinalCode Reader for iOS」iOSでスクリーンショット機能が使えなくなった | デジタルアーツ より引用(2019年4月14日)

おわりに

余談になりますが、この FinalCode は情報漏えい対策がほぼ完璧にできるソフトです。情報セキュリティを担当している方なら FinalCode の仕様にニヤニヤしてしまうと思います。ぜひ FinalCode のサイトを覗いてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました