LiteSpeed Web Server インストールメモ(CentOS)

LiteSpeed Web Server インストールメモ(CentOS)
あぱーブログ
2018年6月13日  カテゴリー:Linux  タグ: ,
Pocket
LINEで送る

LiteSpeed Web Server(LSWSと略します)は、メモリ消費量とCPU使用量を最小限に抑えて何千もの同時クライアントを処理できる Webサーバーソフトウェアです。Nginx よりもパフォーマンスが高く(LiteSpeed社のベンチマークより)、Apache httpd と互換性があることが大きな魅力です。そこで今回は、CentOS7 に LiteSpeed Web Server をインストールする手順をメモしておきました。

基本パッケージのインストール

開発ツールなど、基本的なパッケージをインストールしておきます。

yum -y groupinstall base
yum -y groupinstall development
yum -y groupinstall network-tools

LiteSpeed リポジトリのインストール

LiteSpeedリポジトリが依存する EPELリポジトリをインストールします。

yum -y install epel-release

LiteSpeedリポジトリをインストールします。

rpm -Uvh http://rpms.litespeedtech.com/centos/litespeed-repo-1.1-1.el7.noarch.rpm

LiteSpeedリポジトリからは、LiteSpeed 本体の他に PHP(5.3, 5.4, 5.5, 5.6, 7.0, 7.1, 7.2)もインストールできます。最新版も含め PHP の各種バージョンがインストールできるのは便利ですね。

yum list ls*
(略)
lsphp72.x86_64 7.2.5-1.el7.centos litespeed
lsphp72-bcmath.x86_64 7.2.5-1.el7.centos litespeed
lsphp72-common.x86_64 7.2.5-1.el7.centos litespeed

参考資料:litespeed_wiki:php:rpm [LiteSpeed Wiki]

LiteSpeed のインストール

LiteSpeed をインストールします。

yum -y install openlitespeed

今回は LiteSpeed リポジトリから PHP7.2 もインストールしてみます。

yum -y install lsphp72
yum -y install lsphp72-devel
yum -y install lsphp72-pdo
yum -y install lsphp72-mysqlnd
yum -y install lsphp72-mbstring
yum -y install lsphp72-gd
yum -y install lsphp72-pear
yum -y install lsphp72-pecl-apcu-devel
yum -y install zlib-devel

LiteSpeed をインストールすると自動で起動してくれます。LiteSpeed の起動や停止は lswsctrl コマンドで行います。

usr/local/lsws/bin/lswsctrl --help
(略)
start - start web server
stop - stop web server
restart - gracefully restart web server with zero down time
reload - same as restart
condrestart - gracefully restart web server if server is running
try-restart - same as condrestart
status - show service status
help - this screen

firewalld設定

HTTP(80/tcp) と HTTPS(443/tcp) を許可します。

firewall-cmd --add-port=80/tcp --permanent
firewall-cmd --add-port=443/tcp --permanent

LiteSpeed の管理画面への接続ポートも許可しておきます。(公開サーバーの場合は注意です)

firewall-cmd --add-port=7080/tcp --permanent
firewall-cmd --add-port=8088/tcp --permanent

設定を読込みます。

firewall-cmd --reload

・設定を確認します
firewall-cmd --list-ports --zone=public
-----(以下の表示があればOK)-----

80/tcp 443/tcp 7080/tcp 8088/tcp

確認

Webブラウザで「http://<サーバーのIPアドレス>:8088/」に接続して、以下の画面が表示されていれば LiteSpeed Web Server のインストール成功です。

LiteSpeed Web Server のインストール成功画面

おわりに

次回は、LiteSpeed Web Server で WordPress サイトを公開するまでの手順を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です