Amazon CloudWatch で Route 53 ヘルスチェックのメール通知設定

Amazon CloudWatch で Route 53 ヘルスチェックのメール通知設定
あぱーブログ
2015年3月19日  カテゴリー:WEB クラウド  タグ: ,
Pocket
LINEで送る

Amazon CloudWatch は AWSで稼働しているサーバやアプリケーションの状態を監視するためのサービスです。以前「KeyCDN を CloudFront で冗長化してアカマイ級の信頼性を」の記事で、Route 53 のヘルスチェックを使いました。今回はヘルスチェックの状態を監視し、障害があった時や、障害から復旧した時に、メールで通知されるように設定してみました。

Route 53 ヘルスチェックのメール通知設定

[AWSマネジメントコンソール]→[Route 53]→[Health Checks] メール通知を設定したいヘルスチェックにチェックを入れ「Create Alarm」をクリックします。
cloudwatch-01

新たにメールアドレスを登録しますので「create topic」をクリックします。
cloudwatch-02

以下を入力/選択して「Create」をクリックします。
cloudwatch-03

Send a notification toトピック名、AWS では通知先のメールアドレスをまとめたものを「トピック」と呼ぶようです。メーリングリストのようなモノですね。
With these recipients通知先のメールアドレスを入力します。複数の場合は、カンマ「,」またはセミコロン「;」区切りで指定できます。
Whenever「Minimum」of「Health Check Status」を選択
Isヘルスチェックの値は障害を検知すると「0」になりますので「<」を選択して「1」を入力します。
For at least「consecutive period(s) of」で選択した期間中に、何回障害を検知すると通知メールを送信するかを入力します。 上の設定では1分間に1回の障害を検知すると通知メールが送信されます。
Name of alarmこの通知設定(アラーム)の名称です。通知されるメールの件名に使われます。

▽ Amazon SNS トピック
http://aws.amazon.com/jp/sns/faqs/

CloudWatch から、通知先に指定したメールアドレス宛に「通知メールを送信してよいか」を確認するメールが送られてきますので、メールに記載されている「Confirm subscription」をクリックします。
cloudwatch-04

設定した Alarm のステータスが「OK」になっていれば通知設定の完了です。
cloudwatch-05

復旧時の通知メール設定

作成した通知設定の「view」をクリックします。(CloudWatch の管理画面に移動します)
cloudwatch-06

「Modify」をクリックします。
cloudwatch-07

下の方にある「+ Notification」をクリックします。
cloudwatch-08

以下を入力/選択して「Save Changes」をクリックすれば、復旧時の通知メールの設定完了です。
cloudwatch-09

動作確認

Route 53 ヘルスチェック先の KeyCDN の Zone を無効にして、障害通知メールが届くかを確認します。
cloudwatch-10

障害通知メールが確認できたら KeyCDN の Zone を有効にして、復旧時の通知メールが届くかを確認します。
cloudwatch-11

正しく動作しているようですね。(^^)/

終わりに

今回は通知設定だけでしたが、CloudWatch は CPU使用率、データ転送、ディスクの使用状況など、簡単なリソース監視であれば、追加料金なしで設定できます。「サーバをがっつり監視するだけの予算はない、、でも全く監視しないのは不安」そんな時には CloudWatch を活用してみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です