CentOS 6.6 LAMPサーバ インストールメモ【CentOS6.6+Apache+MySQL+PHP】

2014年10月29日  カテゴリー:Linux  タグ: ,
Pocket
LINEで送る

RHEL6.6から14日で CentOS 6.6 がリリースされました。既にCentOS7がリリースされていますが、かなりの変更がありましたので、まだまだCentOS6.x系で運用されている方も多いのではないでしょうか。さっそく、CentOS 6.6 で LAMP構成をインストールする手順をメモしておきました。

▽ CentOS 6.6 リリースノート
http://wiki.centos.org/Manuals/ReleaseNotes/CentOS6.6/Japanese

CentOS 6.6 の主な変更点

※機械翻訳ですので正しくはRHEL6.6のリリースノートをご確認ください。

  • Enhanced SCSI ユニット·アテンションの取り扱い
  • ハイ・パフォーマンス・ネットワーキング(HPN)アドオンがOSの一部として提供
  • SCAP(Security Content Automation Protocol:セキュリティ設定共通化手順)に対応
  • 新しいHyperVの-デーモンのパッケージの追加
  • デバイスマッパーの機能強化
  • keepalivedのパッケージの完全サポート
  • 米国連邦標準規格 FIPS-140レベル1認定
  • Active Directoryとの相互運用性強化
  • 外部認証のためのApacheモジュール追加

CentOS 6.6 ISOイメージのダウンロード

CentOSのWikiページからダウンロードできます。今回は64bit版をインストールしますので、CentOS-6(Minor release 6.6)の x86_64 をクリックします。「Actual Country」に日本のダウンロードミラーサイトがあると思いますので、そちらから「CentOS-6.6-x86_64-bin-DVD1.iso」ダウンロードしてください。

マシン構成

VirtualBoxの仮想マシンにインストール

○仮想マシン構成
メモリ:1024MB
NIC1:NATアダプター
NIC2:ホストオンリーアダプター

○ネットワーク構成(※ご自分の環境に書換えてください)
ホスト名:  centos66
IPアドレス: 192.168.56.201/24
DNSサーバ: 8.8.8.8

CentOS6.6のインストール

[Welcom to CentOS 6.6!]
Install or upgrade an existing system

[Disc Found]
SKIP(Tabキーで選択)

[CentOS6]
NEXT

[What language 〜]
Japanese(日本語)

[このシステム用の適切なキーボードを選択します]
日本語

[どちらのタイプのストレージデバイスにインストールしますか?]
基本ストレージデバイス

[ストレージでバイスの警告]
はい。含まれていません。どのようなデータであっても破棄してください
(※警告の通りです。ご注意下さい)

[ホスト名]
centos66

[使用するタイムゾーン〜]
アジア/東京
「システムクロックでUTCを使用」のチェックを外す

[rootパスワード]
<パスワード>

[どのタイプのインストールをしますか?]
すべての領域を使用する

[ストレージ構成をディスクに書き込み中]
(データがすべて失われる旨の警告が表示されます)
データが削除されても問題がなければ「変更をディスクに書込む」を押します

[CentOSのデフォルトインストールは最小限インストールです。オプションとして追加の〜]
Minimal
「今すぐカスタマイズ」を選択して「次へ」

下記を選択して「次へ」
・ベースシステム>ネットワーキングツール
・ベースシステム>ベース
・開発>開発ツール

インストールが開始します

[おねでとうございます。CentOSのインストールが完了しました]
再起動してください

ネットワーク関連設定

・NIC1の設定(NATアダプター)
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

・NIC2の設定(ホストオンリーアダプター)
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

・ネットワークサービス再起動
service network restart

・DNSサーバの設定
vi /etc/resolv.conf

・上記設定で sshログインができるようになります
ssh root@192.168.56.201

yumアップグレード

yum -y upgrade

不要サービスの停止

・下記のコマンドを実行してください

・SELinux無効設定
vi /etc/sysconfig/selinux
—(下記を変更)—————————
SELINUX=enforcing
 ↓
SELINUX=disabled
——————————

・OSを再起動します。
shutdown -r now

iptables設定

・オリジナルのコンフィグをバックアップします。
mv -i /etc/sysconfig/iptables /etc/sysconfig/iptables.org

・ssh と httpd のみ許可設定
vi /etc/sysconfig/iptables

・iptablesを再起動します
service iptables restart

NTP設定

・初回は手動で時間合わせをします。
ntpdate ntp.nict.jp

・オリジナルのコンフィグをバックアップします。
mv -i /etc/ntp.conf /etc/ntp.conf.org

・コンフィグを作成します。
vi /etc/ntp.conf
—(下記を追加)—————————
server ntp.nict.jp
server ntp.nict.jp
server ntp.nict.jp
——————————

・サービスを起動します。
service ntpd start

・自動起動設定をします。
chkconfig ntpd on

・10分ほど経過したら動作を確認します。
ntpq -p
—(このような表示があればOKです)—————————
*ntp-b2.nict.go. .NICT. 1 u 64 64 377 14.514 -2.500 10.347
+ntp-a3.nict.go. .NICT. 1 u 58 128 377 33.064 -12.271 21.193
+ntp-a2.nict.go. .NICT. 1 u 57 128 377 21.539 -4.624 11.474
——————————

Gmailリレー設定

・GmailのSMTP認証情報ファイルの作成
vi /etc/postfix/gmail
—(下記を追加)—————————
[smtp.gmail.com]:587 <Gmailのアドレス>:<Gmailのパスワード>
—————————
chmod 600 /etc/postfix/gmail
postmap /etc/postfix/gmail

・Postfixの設定
vi /etc/postfix/main.cf
—(下記を最終行に追加)—————————
relayhost = [smtp.gmail.com]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/gmail
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_tls_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = plain
smtp_use_tls = yes
——————————

・postfixを再起動します
service postfix restart

・root宛メールの送信先を変更します
vi /etc/aliases
—(下記を追加)—————————
root: <Gmailのアドレス>
—————————

・設定を反映させます。
newaliases

・メールが送信できる事を確認します

リポジトリの追加(64bit)

・RPMForge

・epal

・remi

・remiリポジトリを有効化
vi /etc/yum.repos.d/remi.repo
—(下記を変更)—————————
[remi]
name=Les RPM de remi pour Enterprise Linux 6 – $basearch
#baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/6/remi/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/6/remi/mirror
enabled=0
 ↓
enabled=1
——————————

各種ミドルウェアインストール

※バージョンは2014年10月29日時点のものです。

・Apache(2.2.15-39)
yum -y install httpd-devel
yum -y install mod_ssl

・PHP(5.4.34-1)
yum remove php php-*
yum -y install php
yum -y install php-devel
yum -y install php-pdo
yum -y install php-mysql
yum -y install php-mbstring
yum -y install php-mcrypt
yum -y install php-gd
yum -y install php-pear
yum -y install php-pear-DB
yum -y install php-pear-Auth-*
yum -y install php-pecl-apc-devel
yum -y install zlib-devel

・MySQL(5.5.40-1)
yum -y install mysql-devel
yum -y install mysql-server

・memcached(1.4.21-1)
yum -y install memcached-devel
yum -y install php-pecl-memcache

リポジトリの無効化

vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
—(下記を変更)—————————
[rpmforge]
name = RHEL $releasever – RPMforge.net – dag
baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el6/en/$basearch/rpmforge
mirrorlist = http://mirrorlist.repoforge.org/el6/mirrors-rpmforge
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 1

enabled = 0
——————————

vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
—(下記を変更)—————————
[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 – $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=1

enabled=0
——————————

vi /etc/yum.repos.d/remi.repo
—(下記を変更)—————————
[remi]
name=Les RPM de remi pour Enterprise Linux 6 – $basearch
#baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/6/remi/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/6/remi/mirror
enabled=1

enabled=0
——————————

Apacheの設定

・不要なコンフィグを読込まないようにする
mv -i /etc/httpd/conf.d/welcome.conf /etc/httpd/conf.d/welcome.conf.org

・オリジナルのコンフィグをバックアップします。
mv -i /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.org

・コンフィグを作成します。
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
—(下記を追加)—————————
httpd.conf
——————————

・起動
service httpd start

・自動起動設定
chkconfig httpd on

PHPの設定

・エラーログ出力先作成
mkdir /var/log/php
chown apache /var/log/php
chmod 755 /var/log/php

vi /etc/php.ini

・セッションの保存先をmemcacheに設定
vi /etc/php.d/memcache.ini

vi /etc/httpd/conf.d/php.conf

memcachedの設定

vi /etc/sysconfig/memcached
運用で様子をみて適度に変更

・自動起動設定
chkconfig memcached on

・起動
service memcached start
service httpd restart

MySQLの設定

・ログの出力先作成
mkdir /var/log/mysql
chown -R mysql:mysql /var/log/mysql

・オリジナルのコンフィグをバックアップします。
mv -i /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org

・コンフィグを作成します。
vi /etc/my.cnf
—(下記を追加)—————————
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
symbolic-links=0
user=mysql
character-set-server = utf8
skip-character-set-client-handshake

slow_query_log=1
slow_query_log_file=/var/log/mysql/slow_query.log
long_query_time=1
min_examined_row_limit=1000

[client]
default-character-set = utf8

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysql/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid
——————————

・起動
service mysqld start

・自動起動設定
chkconfig mysqld on

・初期設定
mysql_secure_installation
対話式で設定が始まります。
rootにパスワードを設定する以外は、すべてエンターでOKです。(不要なユーザ等を削除してくれます)
—————————
(略)
Set root password? [Y/n]
New password: <パスワード>
Re-enter new password:<パスワード>
(略)
—————————

ログローティション設定

・不要なログの削除
service httpd stop
rm -f /var/log/httpd/*
service httpd start

vi /etc/logrotate.d/httpd

・確認します
logrotate -dv /etc/logrotate.d/httpd
—下記のような表示であればOKです—————————
reading config file /etc/logrotate.d/httpd
reading config info for /var/log/httpd/*log /var/log/php/*log

Handling 1 logs

rotating pattern: /var/log/httpd/*log /var/log/php/*log after 1 days (60 rotations)
empty log files are rotated, old logs are removed
considering log /var/log/httpd/access_log
log does not need rotating
(略)
——————————

vi /etc/logrotate.d/mysql

・パスワードを書いているのでパーミッション設定
chmod 600 /etc/logrotate.d/mysql

・確認します
logrotate -dv /etc/logrotate.d/mysql
—下記のような表示であればOKです—————————
reading config info for /var/log/mysql/*log

Handling 1 logs

rotating pattern: /var/log/mysql/*log after 1 days (60 rotations)
empty log files are rotated, old logs are removed
considering log /var/log/mysql/mysqld.log
log does not need rotating
considering log /var/log/mysql/slow_query.log
log does not need rotating
not running postrotate script, since no logs were rotated
——————————

自動起動設定確認

・下記のコマンドを実行してください

・システムを再起動後して各種サービスが自動起動している事を確認します。
shutdown -r now

サーバー用秘密鍵・自己証明書の作成(SSL用)

 

・サーバー用秘密鍵・自己証明書の作成
make server.crt
—下記を入力—————————
Enter pass phrase:1234(←表示されません)
Verifying – Enter pass phrase:1234(←表示されません)
Enter pass phrase for server.key:1234(←表示されません)
Country Name (2 letter code) [GB]:JP
State or Province Name (full name) [Berkshire]:<空エンター>
Locality Name (eg, city) [Newbury]:<空エンター>
Organization Name (eg, company) [My Company Ltd]:<空エンター>
Organizational Unit Name (eg, section) []:<空エンター>
Common Name (eg, your name or your server’s hostname) []:centos66
Email Address []:<空エンター>
——————————

・サーバー用秘密鍵からパスワード削除
openssl rsa -in server.key -out server.key
—下記を入力—————————
Enter pass phrase for server.key:1234(←表示されません)
——————————

Apacheの設定(SSL)

・SSL設定ファイルのオリジナルをバックアッップします
mv -i /etc/httpd/conf.d/ssl.conf /etc/httpd/conf.d/ssl.conf.org

・コンフィグを作成します。
vi /etc/httpd/conf.d/ssl.conf
—(下記を追加)—————————
ssl.conf
——————————
SSL3.0には脆弱性がありますので「SSLProtocol -All +TLSv1 +TLSv1.1 +TLSv1.2」として必ずSSL3.0を無効にしてください。

▽ SSL 3.0 の脆弱性対策について(CVE-2014-3566)|IPA
https://www.ipa.go.jp/security/announce/20141017-ssl.html

・httpd再起動
service httpd restart

・httpsで接続できることを確認(自己証明書なので警告が表示されます)

以上です。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

CentOS 6.6 LAMPサーバ インストールメモ【CentOS6.6+Apache+MySQL+PHP】」への3件のフィードバック

  1. 桃北 秀樹(Momokita Hideki)

     はじめまして、大変お世話になっております。
     桃北といいます。Linuxの超初心者です。

     現在、ご貴殿のブログを拝読しながらLAMPサーバ構築の学習をさせて頂いております。https://blog.apar.jp/linux/793/
     一つご質問なのですが、【PHPの設定】でvi /etc/php.d/memcache.iniというiniファイルですが、dir /etc/php.dでファイル一覧には見当たらず、z-memcached.iniというファイルがありましたのでその中身を見ますと、どうもこのファイルのような気がするのですが、如何でしょうか? それともマイナーチェンジで仕様が変更になっているのでしょうか? 何卒、ご教授をお願い致します。

     こちらの環境は以下のとおりです。
     Windows8.0 + VirtualBox + CentOS6.6
     ※VirtualBoxはNAT + ホストオンリー
     ※CentOS6.6は、CentOS-6.6-x86_64-bin-DVD1.isoよりブログ記事に従ってインストールしました。

    以上

    返信
    1. あぱーブログあぱーブログ 投稿作成者

      桃北さんはじめまして、ご質問ありがとうございます。

      私のほうでもこの記事の手順を実施してみましたが、php-pecl-memcached の設定ファイルは「/etc/php.d/memcached.ini」がインストールされていますので、仕様の変更ということではないようです。

      php-pecl-memcached の RPMパッケージの現在のバージョンは3ですが、バージョン2の頃は「/etc/php.d/z-memcached.ini」がインストールされていたようです。もしかしたらですが、なにかが原因で php-pecl-memcached のバージョン2がインストールされていたのかもしれませんね。

      /etc/php.d/ 以下の末尾が .ini のファイルは phpの設定ファイルとして読み込まれますので「/etc/php.d/z-memcached.ini」を memcached の設定ファイルとしてお使い頂いても問題ないかと思いますが、もしお時間があるようでしたら再度インストールしてみるのをオススメします。

      返信
  2. 桃北 秀樹(Momokita Hideki)

     お世話になります。
     このまま最後まで続けて、再度トライしようと思います。
     実はやりたいことがありまして、Zabbixの構築記事を探していたところ、ご貴殿のブログに辿り着きました。LAMPサーバー構築後、Zabbixをインストールする予定です。
     ご返信ありがとうございました。(m_m)

     

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です