月別アーカイブ: 2017年9月

CentOS 7.4 で手軽になった HTTP/2 対応 Apache のインストールメモ

CentOS 7.4(1708)から、OpenSSL 1.0.2 が導入され ALPN がサポートされました。これまでは HTTP/2(mod_http2)に対応した Apache httpd をインストールするには、OpenSSL や HTTP/2 関連ライブラリなどを自前でソースからビルドしなければなりませんでしたが、ALPN がサポートされたことにより、これらを yum からインストールできるようになりました。そこで今回は、CentOS 7.4(1708)で、HTTP/2(mod_http2)に対応した Apache httpd 2.4 をインストールする手順をまとめてみました。 ▷続きを読む

Google App Engine 無料の自動更新 SSL 証明書の設定メモ

2017年9月14日 Google App Engine(GAE)にマネージドSSL証明書(β版)という仕組みが導入されました。この仕組みにより、GAE にカスタムドメイン(独自ドメインとも言います)を設定すると、無料の SSL証明書(Let's Encrypt)を GAE が自動的に取得と設定をしてくれて、しかも証明書更新の面倒までみてくれるのです! さっそく、Google App Engine の無料の自動更新 SSL 証明書を試してみたので、カスタムドメインの設定方法などをメモしておきました。 ▷続きを読む

CentOS 7.4 (1708) LAMPサーバインストールメモ【Apache2.4+MySQL5.7+PHP7.1】

2017年9月13日 CentOS7.4 (1708) がリリースされました。RHEL7.4のリリースから約40日でのリリースになります。前バージョンCentOS7.3(1611)のリリースからは9ヶ月ぶりのバージョンアップです。今回のバージョンアップの目玉はなんといっても OpenSSL 1.0.2 の導入です。これにより ALPN がサポートされましたので WEBサーバーの HTTP/2 対応がやりやすくなりました。また、SSH1.0 や SSL2.0 など古い暗号アルゴリズムやプロトコルが廃止されセキュリティが強化されています。さっそく、CentOS7.4 で LAMP構成をインストールする手順をメモしておきました。 ▷続きを読む

FastCGI PHP の設定方法 と mod_php とのパフォーマンスの比較(Apache httpd)

FastCGIとは、CGIプロセスの起動と終了にかかる手間を減らすことにより、プログラムをCGIで高速に動作させるとともに、サーバーへの負荷も少なくすることができる仕組みです。Apache httpd での FastCGI の実装 mod_fcgid により PHP を動作させると、mod_php と同じようなパフォーマンスで PHP を実行できるそうです。そこで今回は、mod_fcgid を使って FastCGI PHP を設定し、mod_php とのパフォーマンスを比較してみました。 ▷続きを読む

安全な SSL/TLS 設定にするための10のポイント(Apache httpd 2.4)

Apache httpd をパッケージやソースからインストールしたときに配置される初期状態の SSL/TLS 設定ファイルでは、古いブラウザも含め幅広いクライアントに対応できるように SSL/TLS の設定をしてくれています。しかし、ここ近年 SSL/TLS に対する攻撃手法が多く見つかっているため、ある程度セキュリティに配慮した SSL/TLS の設定が求められています。そこで今回は、Apache httpd バージョン2.4 を安全かつパフォーマンスにも配慮した SSL/TLS の設定にするためのポイントをまとめてみました。 ▷続きを読む