月別アーカイブ: 2015年5月

NFS サーバ/クライアント設定メモ(CentOS7.1.1503)

NFS(Network File System)は、複数のホストから、同じファイルを共有することができる、分散ファイルシステムです。NFS の歴史は古く、30年近く使われているそうです。ファイル共有のプロトコルは、FTP や SMB をよく耳にしますが、NFS は、その仕組みのシンプルさから、ロードバランサー配下のWEBサーバなどでよく使われています。 ▷続きを読む

RPMのコンパイルオプションを変更してインストールする方法

RPM は、CentOSなどRedHat系のOSで使われている、パッケージ管理システムです。実際には RPM の依存関係を考慮して、インストールなどをしてくれる yumコマンド を使って、RPM パッケージを扱うことが多いかと思います。

RPM パッケージに含まれる、ソフトやライブラリはコンパイル済なので、ソースファイルからコンパイル(ビルド)する手間を軽減できます。便利な仕組みなのですが、稀にコンパイルオプションを変更して、インストールしたくなる時があります。そこで今回は、RPM パッケージのコンパイルオプションを変更して、インストールする方法ご紹介いたします。 ▷続きを読む

MeCab と php-mecab のインストールメモ(CentOS7.1)

MeCab は、日本語の文章を解析して、単語に分割してくれるソフトウェアです。WEBサービスを作るにあたって MeCab を PHP から使う必要があったので、今回は php-mecab もインストールしました。MeCab(めーきゃぶ)の名称は、開発者さんの好物「めかぶ」にちなんで付けられたそうです。ふと、めかぶをつまみに一杯やりたくなりました。(^^) ▷続きを読む

Zabbix 2.4 を yumでインストール(Zabbix2.4.5 + CentOS7.1.1503)

Zabbixサーバを、CentOS 7.1 (1503) にインストールした時のメモです。サクッと終わるかと思いきや、Zabbixサーバを起動しようとすると「Job for zabbix-server.service failed. See 'systemctl status zabbix-server.service' and 'journalctl -xn' for details.」のエラーが表示されて、起動ができません、、(^^;) 調べてみると GnuTLS のコンパイルオプションに「--without-tpm」を加えて、リビルドする必要があるようです。今回はそちらの手順も合わせてメモしておきました。 ▷続きを読む