月別アーカイブ: 2014年12月

Zabbix 3-6. メモリ使用率 監視テンプレート設定

メモリがどのくらい使われているのか、そのうちページキャッシュにどのくらいのメモリが使われているかを監視するためのテンプレートを作成します。メモリが不足しているとデータがあまりページキャッシュされないためディスクI/O待ちが発生したり、スワップが発生しサーバの処理能力が著しく低下してしまいます。 ▷続きを読む

Zabbix 3-5. ディスクI/O 監視テンプレート設定

ディスクにどのくらいの書き込み(Input)や読み込み(Output)が発生しているのかを監視するためのテンプレートを作成します。このディスクI/Oの発生と、前のページで設定したCPUのディスクI/O待ちを並べて表示することにより、ディスクの読み書きどちらの性能が不足しているかを把握することができます。 ▷続きを読む

Zabbix 3-4. CPUのディスクI/O待ち 監視テンプレート設定

ディスクI/Oの負荷を把握するために、CPUのディスクI/O待ちを監視するテンプレートを作成します。ハードディスクはメモリと比べると、読み書きの性能に10万倍〜100万倍の速度差があります。扱うデータ量が多くなってくるとデータがメモリに載りきらないため、ディスクI/O待ちが発生することがあります。そのためディスクI/Oが多く発生するデータベースサーバなどではインメモリデータベースやフラッシュ ストレージがよく使われています。 ▷続きを読む

Zabbix 3-3. CPU使用率 監視テンプレート設定

CPUの負荷を把握するために、CPU使用率を監視するテンプレートを作成します。CPU負荷が高い主な原因はプログラムの暴走です、この場合は psコマンドや topコマンドでCPUに負荷をかけているプログラムを特定して対処します。また、ディスクI/Oやメモリ不足など他の部分がボトルネックでは無く、CPU負荷のみが高い場合は理想的な状態と言われています。この場合は単純にCPUの性能を上げるか、サーバ台数を増やして負荷分散する対応が考えられます。 ▷続きを読む

Zabbix 3-2. ロードアベレージ 監視テンプレート設定

サーバの負荷状況を示す指標「ロードアベレージ」を監視するテンプレートを作成します。ロードアベレージは、過去1分、5分、15分の間にどの程度の処理(プロセス)が待ち状態にあったかを示しています。諸説ありますがロードアベレージがCPUのコア数を超えている場合は処理待ちが発生していると判断できます。 ▷続きを読む

Amazon CloudFront 設定メモ

Amazon CloudFront は画像ファイルや動画など、容量の大きいコンテンツの大量配信に対応できるネットワークです。一般的にCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)と呼ばれています。 容量の大きいコンテンツを Amazon CloudFront キャッシュさせることで、突発的な大量アクセス時などにWEBサーバの負荷を軽減し、サーバダウンやWEBサイトの表示速度の低下を防ぐことができます。 ▷続きを読む

Zabbix 3-1. サーバ死活(Ping)監視テンプレート設定

ICPMタイプ8のエコー要求(いわゆるPingです)によるサーバの死活を監視するテンプレートを作成します。Pingは一番シンプルなサーバ死活の監視方法ですが、ZabbixでのPing監視のアイテムキー icmpping では送信するパケット数や送信間隔などを設定することができます。 ▷続きを読む