KeyCDN が HTTP/2 に対応したので使ってみた

2015年10月14日  カテゴリー:WEB クラウド  タグ: , , ,
Pocket
LINEで送る

KeyCDN が HTTP/2 に対応したそうなので、早速使ってみました。既に運用中の Zone でも、設定ひとつで簡単に HTTP/2 を有効にできます。

HTTP/2 の有効化

KeyCDN の基本的な設定は「KeyCDN 設定メモと転送スピードの比較」の記事をご参照ください。また、HTTP/2 を設定するには、HTTPSが必須になります。

KeyCDN にログインして、左メニューの「Zones」をクリックします。

HTTP/2 を有効化したい Zone の Manageメニューから「Edit」 をクリックします。

Zone Type の「Show Advanced Features」にチェックを入れます。

HTTP/2 の設定を disabled から「enabled」に変更します。上でも書きましたが、HTTP/2 は、事実上 HTTPS が必須になりますので、SSLの設定が shared または custom になっている必要があります。

最後に、ページ最下部の「Save」をクリックすれば、設定完了です。設定が反映されるまで、しばし待ちます。


動作確認

KeyCDN にキャッシュされているファイルを、Firefox41で表示してみると、バージョン HTTP/2 になっていることが確認できました。

また、Safari8 や curl コマンドなど、HTTP/2 に対応していないクライアントからのリクエストは、HTTP/1.1 で応答してくれます。

おわりに

最近相次いで Apachenginx など、主要なWEBサーバが HTTP/2 に対応したりと、HTTP/2の普及がじわじわと進んでいますね。

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です