GCP」タグアーカイブ

Google Cloud Storage のGUIクライアント Cyberduck でアップロード

2017年7月14日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

Cyberduck(サイバーダック)は、FTP、SFTP、WebDAV、AWS S3、Google Cloud Storage などさまざまなプロトコルやストレージサービスに対応したクライアントソフトです。macOS と Windows に対応しています。黄色いアヒルのアイコンが印象的ですね。

Google Cloud Storage を GUI(グラフィカルユーザインターフェース)で使えるクライアントソフトを探していたのですが、現在(2017年7月14日)のところこの Cyberduck くらいしか無いようです。そこで今回は、Cyberduck で Google Cloud Storage に接続するまでの手順と、他のユーザーとバケットを共有するための権限「アクセス制御リスト(ACL)」の設定方法をまとめてみました。

▷続きを読む

Google Cloud Storage 独自ドメインで静的ウェブサイトをホストする

2017年7月8日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

Google Cloud Storage(GCS)は、データ配信やバックアップなど色々な用途に使える Google Cloud Platform のストレージサービスです。AWS S3 の競合にあたるサービスになります。そこで今回は、Google Cloud Storage を使い独自ドメインで静的ウェブサイトをホストする手順をまとめてみました。

▷続きを読む

Google Cloud Source Repositories で作る Git リポジトリの使い方

2017年5月31日  カテゴリー:WEB  タグ: , , , ,

Google Cloud Source Repositories は、プライベート Git リポジトリを簡単に作成することができる Google Cloud Platform(よく「GCP」と略されます)のサービスのひとつです。ユーザー5名、容量50GBまでなら無料で使うことができます。公開してもかまわないソースコードであればGitHubを利用するのが手軽ですが、仕事などでソースコードが公開できない場合には Google Cloud Source Repositories が活用できそうです。

そこで今回は、GCP の利用登録から、Google Cloud Source Repositories にプライベートGitリポジトリを作成して、リモートリポジトリにプッシュするまでの手順をまとめてみました。

▷続きを読む

DNS CAAレコードに Let's Encrypt 認証局を設定する

2017年5月10日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

DNS CAA(Certification Authority Authorization)は、自分が所有しているドメインに対して、SSL/TLSサーバー証明書を発行できる認証局(CA)を指定できる仕組みです。ドメイン所有者が CAAレコードを登録することによって、認証局が証明書を誤発行してしまうリスクを減らすのがこの仕組みのねらいとされています。そこで今回は、CAA に対応している Let's Encrypt 認証局を DNS CAAレコードに設定してみました。

▷続きを読む

AWS EC2 と GCE(Google Compute Engine)を徹底的にベンチマークしてみた

2017年4月5日  カテゴリー:WEB  タグ: , , ,

WEBサイト用にサーバーを1台用意しようと思うのですが、使いなれた AWS EC2 にするか、ここのところ勢いがある Google Cloud Platform の Compute Engine にするかで迷ってます。サーバー費用は少ないお小遣い(^^;) から出さなければならないので、慎重に選びたいところです。そこで今回は、AWS EC2 と GCE(Google Compute Engine)を「徹底的」にベンチマークして性能を比較してみました。

▷続きを読む

いつでも無料!Google Compute Engine 常時無料枠の使い方

2017年3月24日  カテゴリー:WEB  タグ: , ,

つい先日(2017年3月9日頃)Google Cloud Platform の常時無料枠が拡大され、トライアル期間が終了しても Google Compute Engine(仮想サーバー) の f1-micro インスタンスが、USリージョンに限り月1台無料で使えるようになりました。Google Cloud Platform をこれから試そうと思っている人にも、すでに使っている人にも嬉しい仕組みですね。

そこで今回は、はじめて Google Cloud Platform を使う方向けに、Google Cloud Platform の利用登録から Compute Engine で作成したサーバーにログインするところまでの手順をまとめてみました。

▷続きを読む

ゼロから始める Google App Engine の使い方(2017年)

2017年3月17日  カテゴリー:WEB  タグ: , , ,

Google App Engine(よくGAEと略されます)は、自分が作ったWEBアプリケーションを簡単に公開することができる PaaS (Platform as a Service)です。最近ではサーバーレスアーキテクチャ(サーバーの構築や保守が不要なしくみ)とも呼ばれるようになりました。以前の Google App Engine は、制約が多く対応するプログラム言語も少なかったのですが、ここ最近でずいぶんと改善されたようです。そこで今回は、利用登録から Google App Engine で「Hello World」を表示するまでの手順をまとめてみました。

▷続きを読む

CDN各社のHTTP/2対応状況(AWS Azure GCP Akamai CloudFlare)

2016年9月9日  カテゴリー:WEB  タグ: , , , , ,

先日(2016年9月7日)AWS(アマゾン ウェブ サービス)のCDNサービス Amazon CloudFront が HTTP/2 に対応したそうです。CloudFront は、現在日本でのCDNシェアの約25%を占めていますので、WEBサイトの HTTP/2 化がますます加速しそうです。そこで今回は、大手CDNサービス各社の HTTP/2 対応状況を調べてみました。

▷続きを読む

Google Compute Engine から SendGrid 経由でメール送信

2016年8月24日  カテゴリー:WEB  タグ: , , , , ,

Google Compute Engine は、メールの送信に使う 25/465/587ポートの宛への通信が禁止されているため、PostfixなどMTAを設定しただけでは、メール送信をすることができません。対応方法は色々あるようですが Google Compute Engine からメールを送信するには、SendGrid など外部のメール配信サービスを利用するのが手軽なようです。そこで今回は、SendGrid を使って Google Compute Engine からメールを送信する方法をまとめてみました。

▷続きを読む