Apple Watch 2 に Suica(Apple Pay)を登録する方法

Apple Watch 2 に Suica(Apple Pay)を登録する方法
あぱーブログ
2016年10月26日  カテゴリー:その他  タグ:
Pocket
LINEで送る

昨日(2016年10月25日)から、いよいよ日本でも Apple Pay がスタートしました。Apple Pay は、店舗やECサイトなどで「簡単」「安心」に支払いができる、Apple の決済サービスです。

なかでも注目されているのは、Suica の Apple Pay 対応ではないでしょうか、Suica を iPhone7 や Apple Watch2 に登録することで、ICカードは不要になり、Apple Pay に登録したクレジットカードから、端末上でチャージや定期券の更新もできるそうです。そこで今回は、Apple Watch Series 2 に Suica を登録する手順をご紹介いたします。

Apple Pay の Suica に対応している端末

Apple Pay の Suica に対応している端末は、以下の3機種です。(2016年10月26日現在)また「日本国内で販売された」ことも条件のようですね。

  • Apple Watch Series 2(iPhone 5以降とペアリング)
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus

Apple Pay の Suica に対応している端末一覧

Apple Pay - 始め方 - Apple(日本) より引用

 
ではさっそく、Apple Watch Series 2 に Suica を登録してみましょう。

下準備

ペアリングしている iPhone を iOS 10.1 にアップデート

まずはじめに、Apple Watch とペアリングしている iPhone の iOS を、日本版 Apple Pay に対応した iOS 10.1 にアップデートします。

[設定]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]

iOSのソフトウェアアップデート画面

watchOS 3.1 にアップデート

続いて、Apple Watch の watchOS を watchOS 3.1 にアップデートします。watchOS をアップデートするには、Apple Watch を充電器に接続しておくなど色々と条件があります。

[Watch]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]

watchOSのソフトウェアアップデート画面

watchOSアップデート インストールの実行

Apple Watch Series 2 に Suica を登録する手順

iPhone の Wallet にクレジットカードを登録

モバイルSuicaの会員登録をせずに、Suica を新たに発行するには、Apple Watch とペアリングしている iPhone の Wallet にクレジットカードを登録する必要があります。これは、この後 iPhone にインストールする Suica アプリで Suica を発行する時のチャージ支払いに Apple Pay を使うためです。

[Wallet]→[カードを追加] をタップして、右上の「次へ」をタップします。

Walletトップ画面

初回登録時は、iTunes Store または App Store に登録済みのカードが表示されると思います。Apple Pay でもそのカードを使う場合はそのまま登録します、楽天カードでは、この後に認証コードで確認が行われました。もし別のカードを登録する場合は「ほかのカードを追加」をタップします。

Walletカードを追加画面

Suica アプリをインストール

Apple Pay で Suica を発行もしくは、Suicaカードを取込むには(iPhone7、iPhone 7 Plus のみ対応)「Suica アプリ」が必要になりますので、Apple Watch とペアリングしている iPhone に Suicaアプリ をインストールします。

Suica アプリをインストール

Suica の登録

いよいよ本題の Suica の登録です。Suica を発行する端末はiPhone6を使いました。

Apple Watch とペアリングしているiPhoneの「Suica アプリ」を起動して右上の「(+)」をタップします。

Suicaアプリのトップ画面

Suicaの種類を選択します。今回は発行が簡単な「Suica(無記名)」を選択しました。「My Suica(記名式)」と「Suica定期券」は、モバイルSuicaの会員登録が必要です。iPhone7 もしくは iPhone 7 Plus 使っているなら 手持ちの Suica カードを取り込むこともできます。

Suica発行画面

注意事項を確認して「次へ」をタップします。

Suica注意事項の確認画面

チャージ金額を設定し、先ほど Wallet に登録した Apple Pay クレジットカードで、これから発行する Suica にチャージします。

チャージ金額設定画面

以上で、Apple Watch に Suica が登録されました。iPhone6 で Suica を発行した場合は、自動でペアリングしている Apple Watch に Suica が転送されるようです。これは iPhone6 では Suica が使えないからだと思います。iPhone7 もしくは iPhone 7 Plus の場合は、この後 Apple Watch に Suica を移動させることが必要です。

Suicaの登録完了画面

Apple Pay に複数の Suica を登録する場合は、普段使う Suica を「エクスプレスカード」に設定しておくのが良さそうですね。

Apple Watch Suica のヘルプモード

Apple Watch ユーザガイドに、Suicaのヘルプモードについての記載がありました。Apple Watch の Suica を通勤通学など日常的に使う場合は、覚えておきたいですね。

駅で乗車券に関する問題を解決する: 駅でヘルプが必要な場合は、まず Apple Watch を手首から外して、ロックを解除します。その後、Suica をヘルプモードに切り替えます:サイドボタンを 2 回押し、スワイプして対応の必要な Suica を表示してから、画面を強く押して「ヘルプモードをオンにする」をタップします。実物のカードと同じように Apple Watch を駅員に渡します。

Apple Watch に Suica を追加する | Apple Watch ユーザガイド より引用

終わりに

Apple Watch の Wallet にもクレジットカードを登録しておけば、Apple Watch 単体で Suica へのチャージができるようです。仕組み的には当然なのかもしれませんが、すごい時代になったものですね。

AppleWatchでのSuicaへのチャージ画面

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です