Zabbix 2.2 を yumでインストール(Linux CentOS6.4)

2013年11月15日  カテゴリー:Linux Zabbix  タグ:
Pocket
LINEで送る

先日(2013年11月12日)Zabbix2.2が安定板としてリリースされました。新機能の目玉としてはVMware監視機能ですが、それ以外にもWebシナリオのテンプレート化や、バリューキャッシュの導入によるトリガー処理の高速化など性能も大きく改善されています。

 

●Zabbix 2.2の新機能とZabbixオフィシャルサービスの紹介
http://www.slideshare.net/KodaiTerashima/20130802-osc2013-kyoto

さっそくZabbix2.2をCentOS6.4にインストールしてみました。yumを使うと依存関係を考慮してくれるので、サクッとインストールできます。

Zabbix2.2のインストール

まずはLAMP環境をインストールしておきます。

・zabbixのyumリポジトリの登録
rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm

・インストール(2013/11/15時点のバージョンは2.2.0-1)
yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
yum -y install zabbix-agent
yum -y install zabbix-get

zabbix-get は設定する時にあるとなにかと便利です。
(使い方サンプル)zabbix_get -s 127.0.0.1 -p 10050 -k agent.version

・zabbixのyumリポジトリの無効化
vi /etc/yum.repos.d/zabbix.repo
---(下記を変更)---------------------------
[zabbix]
name=Zabbix Official Repository - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/$basearch/
enabled=1

enabled=0

[zabbix-non-supported]
name=Zabbix Official Repository non-supported - $basearch
baseurl=http://repo.zabbix.com/non-supported/rhel/6/$basearch/
enabled=1

enabled=0
------------------------------

Zabbix2.2の設定

・MySQLにZabbix用のDBとユーザを作成
mysql -u root -p
---(下記を実行)---------------------------
・Zabbix用DBの作成
create database zabbix character set utf8;

・Zabbix用ユーザの作成
grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by '<パスワード>';

・設定の反映
FLUSH PRIVILEGES;
exit
------------------------------

・Zabbix用のDBスキーマとデータをインポート
mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.0/create/schema.sql
mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.0/create/images.sql
mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.0/create/data.sql

・zabbixサーバの設定
vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
---(下記を変更)---------------------------
# DBPassword=

DBPassword=<パスワード>
------------------------------

・Zabbixサーバの起動
service zabbix-server start

・Zabbixサーバの自動起動を設定
chkconfig zabbix-server on

・Apacheの再起動
service httpd restart

・下記にブラウザアクセスして初期設定を開始します。(ホスト名はご自分の環境に読替えてください)
http://centos65/zabbix/
------------------------------
1. Welcome
「NEXT」

2. Check of pre-requisites
すべて「OK」であれば「NEXT」

3. Configure DB connection
---------
Type:MySQL
Host:localhost
Port:0
Name:zabbix
User:zabbix
Password:<パスワード>
---------
上記を設定して「Next」

4. Zabbix server details
そのまま「NEXT」

5. Pre-Installation Summary
そのまま「NEXT」

6. Install
「Finish」
------------------------------
以上が終了するとzabbixのログイン画面が表示されます。

・初期ユーザでログインします。
ユーザ名: admin
パスワード:zabbix

・パスワードと言語の変更
Administration>Users Members列の「Admin」をクリック、下記入力して「Save」を押します。
------------------------------
Password:「Change password」をクリックしてパスワードを入力
Language:Japanese(ja_JP)
------------------------------
ブラウザをリロードすると日本語表示になります。

改善されたところ

さらっと眺めてみると、テンプレートの設定に「ウェブ」が追加されています。WEBサーバのレイヤ7監視は常識になりつつあるので、とてもありがたい新機能ですね。
テンプレートの設定に「ウェブ」が追加
また、デフォルトのホストグループに「Hypervisors」「Virtual machines」が追加されました。VMware監視機能へ力の入れようを感じます。
デフォルトのホストグループに「Hypervisors」「Virtual machines」が追加

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です