Thunderbird アドオンの公開手順【2023年版】

プログラム
プログラム
スポンサーリンク

Thunderbird アドオン開発はじめの一歩」の記事で、メールクライアントソフトの Thunderbird(サンダーバード)アドオンの作成方法をご紹介しました。作成したアドオンは、ATN(addons.thunderbird.net)に登録することにより公開され、だれでも簡単に作成したアドオンを利用することができるようになります。そこで今回は、作成したアドオンを ATN に登録して公開する手順をまとめてみました。

公開するアドオンの準備

公開するアドオンの作成が終わったら、以下の項目をチェックします。

  • アドオンの名前は説明的なものにする。
  • 他のアドオンの名前と重複しないようにする。
  • 魅力的なアイコンを設定する(SVGアイコン推奨)
  • アドオンの説明(description)は、アドオンの主な機能の要約にする。
  • アドオンが対応するThunderbirdのバージョン(strict_min_version、場合によってはstrict_max_version)を設定する。
  • アドオンが個人情報を扱う場合はプライバシーポリシーを作成する。

アドオンの機能によっては、ほかにも注意すべき事項があります。詳しくは以下のページをご参照ください。(Firefox アドオンのページですが、Thunderbirdアドオンもこちらのガイドラインが適用されています)

参考資料:Create an appealing listing | Firefox Extension Workshop

ライセンスの決定

公開するアドオンのライセンスを決めます。Thunderbirdアドオンの登録時に選択できるライセンスは次の通りです。(2023年11月現在)

ライセンスの選択は迷うところですが、Thunderbird は Mozilla コミュニティに依存していますので、特にこだわりがなくライセンスの内容に納得できるのであれば、Mozilla Public License, version 2.0 が無難かと思います。

参考資料:Choose an open source license

サポートを提供する準備

公開するアドオンのサポートを提供するための、サポート用のメールアドレスまたはサポート用のウェブサイトを準備します。サポート用のウェブサイトは、Thunderbirdアドオンのコードを管理している GitHubなどの公開リポジトリの Issues ページを利用するケースが多いようです。

開発者アカウントの作成

Thunderbirdアドオン開発者センター でユーザー登録を行い、開発者アカウントを作成します。

2023年11月現在 Thunderbirdアドオン開発者センターのページには下のスクリーンショットように「Firefox をカスタマイズ」と表記されてお馴染みのロゴも見えるため少し戸惑いますが、間違いなく、Thunderbirdアドオンの開発者センターです。

アドオンの登録

Thunderbirdアドオン開発者センターに、公開するアドオンを登録します。登録するアドオンは拡張子「.xpi」のアドオンファイルにしておきましょう。

「初めてのアドオンを登録」をクリックします。

Firefoxアドオン配布規約(Thunderbirdアドオンもこの規約が適用されます)と、審査ポリシーとルールを確認してください。内容に問題が無ければチェックを入れて「承認」をクリックします。

アドオンの配布手段は「当サイト上で。」を選択して「続ける」をクリックします。

「Thunderbird」にチェックを入れて、拡張子「.xpi」のアドオンファイルをアップロードすると自動検証が実施され結果が表示されます。「検証レポートの詳細を見る」をクリックして結果を確認してみましょう。

「アドオンは検証に合格しました。」と表示されていればOKです、元のページに戻って「続ける」をクリックしてください。(Thunderbird でのみサポートされているAPIやパーミッションを使っていると警告が表示されるようですが問題ありません)

「ソースコード提出ポリシー」を確認し、該当する場合は「はい」、該当しない場合は「いいえ」を選択します。「はい」を選択した場合はソースコードの提出が必要になります。

アドオンの名前や説明、ライセンスなどを選択して、ページ下部の「バージョンを登録」をクリックします。

以上で公開するアドオンが登録されました。審査が完了するまでしばし待ちます。

アドオンの審査期間

審査の混み具合にもよると思いますが、登録した翌日には審査担当の方からコメントのメールが届きましたので、そこまでの時間はかからないと思います。

今回登録したアドオンの機能は、今後のThunderbirdのアップデートで対応されるとのことで登録を取り下げましたが、そのまま進めれば登録もできたようです。

おわりに

会社などの組織内のみでアドオンを配布したい場合などは、自主配布してアップデートサーバーを用意すれば自動更新させることもできます。詳しくは以下の記事をご参照ください。

関連記事:Thunderbird アドオンの自主配布とアップデートサーバーの設定手順

この記事をシェアする
あぱーブログをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あぱーブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました